ハワイでの資金計画|ロイヤルカイラウェディング採用

ロイヤルカイラウェディング採用情報 ロイヤルカイラウェディング採用情報
ハワイでの資金計画 ハワイでの資金計画

Financing planハワイでの資金計画

ハワイでの資金計画

いくらハワイで働いて生活するとはいえ、最初のうちは特に家賃や生活費など、自己資金が必要になることも。
物価が安くないハワイでは、生活に慣れるまで出費がかさむことを覚悟しておく必要があります。
現地で生活にかかるある程度の資金は、事前に計画を立てて準備しておくと良いでしょう。

家賃

家賃日本と同じく、ハワイでも生活費のほとんどを占めるのが家賃です。
一人暮らしの家賃は、月に1,000日本人はワイキキやその周辺のコンドミニアムなどを利用することが多いですが、中心地は便利な分家賃が高くなります。少しでも家賃を抑えたいなら、中心部から少し離れた運河沿いの辺りだと日本円にして70,000円程度で借りられますが、治安を考えるとやはり中心部がおすすめです。

生活費

基本的に何を買うにしても、物流を空輸に頼る島国のハワイではその分物価が高くなっています。ただし、同じ商品でも店によって値段がだいぶ違うことも珍しくないので、購入場所を選ぶことも節約のポイント。しかしかなり節約しても、月に200~400ドル程度は必要でしょう。

交通費

交通費職場と家の往復ならバスが便利。定期券を1ヶ月60ドルで買うこともできます。
もっと節約したいという人には、自転車通勤もおすすめ。

光熱費

コンドミニアムに滞在するならだいたいは含まれています。稀に含まれないこともあり、その場合は日本の1.5倍程度の光熱費が発生するので、事前によく確認しておきましょう。

携帯料金

使い方にもよりますが、基本的には日本に比べるとだいぶ安く利用できます。
ハワイにも携帯電話会社は複数あり、それぞれに特徴があるので内容を見比べて契約しましょう。

医療費

医療費公的保険機関のないアメリカでは、医療費は非常に高額。日本の10倍以上かかることも珍しくありません。急病のため有料の救急車を使って病院へ行き、さらにICUを利用することになったともなると、1日で100万円を超すことも。 そのため、アメリカで生活している日本人の多くは民間の保険機関に加入しています。
保険によってカバーされる範囲が異なるので、加入の際には念入りに確認しましょう。